ホームへ
文字のサイズ さいだい だい もじさいず ちゅう しょう さいしょう
U/Bぷら知っていますか?: ユニバーサルデザイン/ユニバーサルデザインってなに?  


 
ユニバーサルデザインってなに?


 ユニバーサルデザインとは何だろう

 ユニバーサルデザインとは、「ユニバーサル」=「普遍的な、全体の」という言葉が示しているように、「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や障害の有無、体格、性別、国籍などにかかわらず、できるだけ多くの人にわかりやすく、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることをいいます。 この考え方は、1980年代にノースカロライナ州立大学(米)で建築や物のデザインを研究していたロナルド・メイス教授によって明確にされました。自身も障害をもつ彼は、「障害者など特別な人のための対応」と考えるバリアフリーに違和感を持ち、気持ちの上でのバリアを生み出さないデザイン手法を研究していたと言われています。

 ユニバーサルデザインの7つの原則

 ロナルド・メイス教授は「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」と唱えております。この考え方をもっと解りやすくするために7つの原則を作りました。

 1. 誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
 2. 柔軟に使用できる(自由度)
 3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
 4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
 5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
 6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
 7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)


 ユニバーサルデザインの7つの原則すべてに、当てはまるものを作りあげるのはとても難しいことですが、少しずつできることから着手し努力していくその積み重ねが、思いやりのあるまちづくりに繋がっていくことでしょう。


 しずおかあったかプラン 〈 静岡市のユニバーサルデザインの取り組み 〉

計画策定の目的
 ユニバーサルデザインのまちづくりをさらに進める上での考え方や取り組まなければならないことを市民の方や事業者にも知っていただけるように、『しずおかあったかプラン』(静岡市ユニバーサルデザイン基本計画・行動計画)を策定しました。
誰もが安心していきいきと快適な暮らしをすることができ、来訪者にも温かい心が伝わり、また来たくなるようなまちを目指し、「温かい心の通い合う、みんながいきいきと暮らせるまち」を基本理念として、心、社会、まち、情報、サービス、もの、しくみの7つの分野にわたり、ユニバーサルデザインのまちづくりを進めます。

『静岡市ユニバーサルデザイン 基本計画』
 基本計画では、ユニバーサルデザインにもとづくまちづくりを推進するための考え方や取り組むべき施策の基本的な展開方向を示しております。

『静岡市ユニバーサルデザイン 行動計画』
 行動計画では、基本計画の推進に向けて、ユニバーサルデザインに関連する推進事業の内容、実施時期、事業主体を明確化するとともに、進行管理できるように成果指標や目標値の設定、行政・市民・事業者等の役割分担の考え方など、具体的な行動の内容を示しております。



ホーム このページのトップへ
U/Bぷら copyright